専門看護師の合格率は!?

専門看護師の合格率

※転職サイトランキングはコチラ!

専門看護師になるにはまず専門看護師認定試験に合格しなければいけません。試験を受ける為にも厳しい条件があり、その条件をクリアする事で受験資格を得る事ができ、そしてその試験に合格する事で初めて専門看護師の資格取得となるわけです。ただでさえきび良い労働条件の中、合間を縫っての試験勉強、及び実務の中での技術取得などその道のりは大変厳しいものだと言えると思います。そんな専門看護師の合格率はどのようなものなのでしょうか。

専門看護師になる為には認定審査を受験し合格する必要がありますが、その審査を受けるの受験資格があります。保健師・助産師・看護師いずれかの免許を有する事、看護系大学大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得した者、保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が5年以上(3年以上は専門看護分野での実務研修が必要)、となっており、これらの条件を満たすものでなければ受験資格を得る事が出来ないわけです。看護系の大学を卒業し看護師の資格を得て、5年以上の実務経験の内3年以上はその専門看護分野での経験を経て初めて受験資格を得る事が出来るという事です。

受験資格をの条件を満たすと、日本看護協会が毎年1度行っている専門看護師認定審査を受ける事が出来ます。審査に合格し登録手続きを行う事で専門看護師として認定されます。web申請をし、審査料を振り込んで申請書類を提出する事で申請は終わりです。いよいよ審査に挑むわけですが、審査方法は一次審査と二次審査とあります。一次審査は書類選考、二次審査は看護実績報告書と筆記試験となっています。専門看護師になる為の専門看護師認定審査の合格率は毎年95%前後を推移しています。

非常に高い合格率とは言えすが、やはり看護師教育機関での教育をしっかり受け、そして5年以上の看護師経験を積んで初めて受験できるシステム故の合格率の高さかと言えます。看護師自体の合格率が90%前後ですので、まず看護師試験に合格し、そこから更にスキルアップしたい、特定の専門分野で看護師として活躍したい、そう思う志の高い人が受験するのが専門看護師だからこそこのような高い合格率になるのだと思われます。専門看護師を目指し専門看護師認定審査を受ける人の合格率は高いと言う事がわかりましたが、合格率が高いからとって言ってそれは合格しやすいと言う事ではありません。

当然その審査は厳しく、そのそも時受験資格を得るまでにも長く厳しい道のりがあるわけです。そこを乗り越えた目的意識の高さが、高い合格率となっているわけです。簡単に言うと、専門看護師を目指す人は目的意識をしっかりと持って知識や技術の取得に日夜励んでいる人だと言えます。今の職場で看護師として働く中で、目的意識がイマイチ持てない、条件に不満がある、等の理由でスキルアップやキャリアップを目指す人も多いと思います。その手段の1つとして専門看護師を目指すのも素晴らしい事ですが、今は看護師不足により、看護師の売り手市場だと言う現実もあります。条件の良い求人を見つけ転職する事も有効な手段だと思いますので、より条件の良い求人を探してみるのもおすすめです。無料で登録できる転職エージェントでは一般では非公開の求人も多く、好条件の求人が多いです。興味がある場合は一度登録して見てどんな求人があるのか確認してみるのもありだと思います。

専門看護師求人サイトランキング
ランキング 看護師転職人気エージェント1位
サービス名

ナースフル

公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

ランキング 看護師転職人気エージェント2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

ランキング 看護師転職人気エージェント3位
サービス名

マイナビ看護師

公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ