専門看護師と認定看護師の違いとは!?

認定看護師と専門看護師の違い

※転職サイトランキングはコチラ!

特定の分野において専門の知識と技術を持つ認定看護師と専門看護師ですが、その違いについては実はあまり理解していない人が多いのも事実です。どちらも試験を受ける為には実務経験が必要、試験に合格して初めて資格が取得出来る、等の条件が似ていることからその違いを理解するのが難しいのかもしれません。まず認定看護師とは21の特定分野に分かれており、実践・指導・相談の3つの役割を担うとされています。資格取得の為には、保健師・助産師・看護師いずれかの免許を保有し、実務経験5年以上(うち認定看護分野の経験3年以上)、認定看護師教育機関にて6ヶ月・600時間以上以上の教育課程を修了し、認定審査に合格する事で認定看護師の資格が取得出来ます。

専門看護師は、特定の分野は9つに分かれ、その役割も認定看護師よりも多い、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を担う事になります。資格取得には保健師・助産師・看護師のいずれかの免許を保有し、実務経験5年以上(うち認定看護分野の経験3年以上)、大学院修士課程修了、そして認定看護師と同じく認定審査に合格する事で資格取得となります認定看護師と専門看護師の違いですが、まずはその特定の分野と各々の持つ役割の違いが挙げられます。

専門看護師は9つの分野おいて大きな役割を持ち、認定看護師はより細かな21の特定分野に分かれています。そして資格取得に関しても大きな違いがあります。専門看護師の場合大学を出なければなりませんので4年以上の期間が必要なのに対して、認定看護師の場合は認定看護師教育機関で6ヶ月の教育課程を終えれば受験資格が得られると言う事です。大学をする事で初任給に関しては専門看護師の場合が多いようですが、認定看護師の方がすでに勤務年数が長いのでその分どちらが年収が良いかは一概には言えません。この辺りはやはり各病院によっての評価に依る部分が大きいようです。

認定看護師と専門看護師は専門分野も、担う役割も仕事も違うわけですからまず自分がそれを目指す理由や目的をきちんと整理し理解する必要があります。その上でどちらを目指すのしっかり考える事が重要です。医療の発展と共に各分野における看護のスペシャリストはこれからますます必要になります。

特定分野における看護のスペシャリストになりたければしっかり勉強して資格取得を目指す事になります。今は看護師不足でどの病院も多くの求人があります。専門職として特定の分野で活躍するのも良いですが転職する事でより自分にあった、自分が活躍できる現場に出会う事が出来る事もあります。条件面もそうですが、やりがいやより活躍できる場を求めての転職は良い事だと思います。転職にあたっては転職エージェント等に登録する事で紹介もしてくれますし、非公開求人も多数あります。無料で登録出来ますから自信のキャリアップの為にも登録して見る事をおすすめしています。

専門看護師求人サイトランキング
ランキング 看護師転職人気エージェント1位
サービス名

ナースフル

公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

ランキング 看護師転職人気エージェント2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

ランキング 看護師転職人気エージェント3位
サービス名

マイナビ看護師

公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ